MT4なら注文や決済も自動で可能

By: Nationaal Archief

MT4とは、FXトレード用のソフトウェアでロシアのMetaQuotesSoftware社が開発したものです。日本ではバージョン4の「MetaTrader4」のときに広まったことから、「MT4」とも呼ばれることが多くなっています。現在は「MetaTrader5」まで開発されています。

MT4は、対応しているFX会社のサイトからダウンロードができますが、デモで使いたい場合にはデモ口座申請をしてから使用することになります。そこで注文や決済の操作方法に慣れておくこともできます。

MT4は「MQL4」というプログラミング言語を使用して、自分でテクニカル指標を作ることができますが、他のトレーダーが作成したテクニカル指標を使って、自分に合ったチャートを作成することもできます。

MT4でできることは、リアルタイムチャートの表示・各種標準のテクニカル分析ですが、もっとも大きな特徴はプログラミングさえできれば独自のテクニカル指標の作成・バックテストによる検証ができ、更にそのルールに従った自動売買を行う事が出来ることになり、コンピュータの近くにいなくても、注文や決済を自動で行うことができます。これによって自分が考えているシステムトレードを実現することができます。

自分でプログラミングできない人でも、EAといわれるプログラムを使って、注文や決済を自動で行うことができます。

プログラムはFX会社のサーバーで稼働しますので、運用するプログラムを選んであとは自動売買を実践するだけになります。