MT4における損切りについて

By: Dave Conner

MT4で損切りをするには成行注文と逆指値注文を使います。これは損失を限定するために必須の注文方法ということができます。自分で損失を決定するものなので、精神的にはツライですが、投資においては必要なことです。それにはまずターミナルウィンドウの取引タブを確認します。

MT4を開いた時にターミナルウィンドウがない場合は取引画面上部の表示メニューからターミナルウィンドウにチェックを入れることによって表示させることが可能です。ここではMT4での過去における取引状況を見ることができます。損切りはStop Lossの略称でS/Lと表示されています。

保有しているポジションを成行で損切りする時は、その決済したいポジションで右クリックをします。そこから決済注文を選択してクリックします。そうすると注文ウィンドウが開きます。そこで決済取引をクリックすると損切りの決済注文を発注できます。損切りを逆指値注文で決済する場合は、決済するポジションを右クリックします。

それから「注文変更または取消」を選びます。そして決済逆指値へ損切りしたい為替レートを入力します。あとは相場がその値段をつければ損切り注文が発注されます。注文を出した逆指値注文を取り消したり変更したい場合はそのポジションを右クリックします。そして「注文変更または取消」を選んで取り消したいなら取り消しを変更したい場合は変更したい為替レートを入力します。