MT4で回線不通になったときの対処

By: Isengardt

MT4で回線不通と表示されて、チャートが全く表示されなくなることもあります。まずはその原因を理解することが必要です。減員によって対象法は異なりますから、原因を探ってみましょう。よくよくあるのが、物理的に回線そのものが切断、あるいは混雑しているケースです。インターネット回線が切断されていれば、回線不通と表示されるのは当たり前でしょう。パソコンでブラウザやその他のソフトウェアを開いてみて、インターネットに接続されているかどうか確認することが必要です。

次に、サーバの状況を把握しておく必要があります。サーバがダウンしていて、データを全く受信できない場合もあります。この場合はどうしようもないでしょう。サーバの普及を待つしかありません。それ以外の方法としては、別のサーバを利用する方法があります。MT4を利用するときにデモ口座を利用することが多いでしょう。デモ口座のサーバーには世界中からアクセスがありますから、それによって混雑したりダウンしたりすることもあるのです。

この場合に備えて、複数のデモ口座を開設しておくのは良い方法だと言えるでしょう。もしも一つのサーバーがダウンしたとしても、すぐに別のサーバーに接続できれば、相場を見ることのできない時間を短くできます。より安全に取引をするのなら、デモ口座だけではなくて、正式な口座を開設するのは良い方法です。正式な講座の方が回線不通になりにくいですから、MT4を使い続けるのなら一つは口座開設しておいた方が良いです。