MT4でオシレーター系分析ツールの使用

By: Jeffrey

株式や為替取引などの金融商品では、相場分析が欠かせません。相場の分析にはいくつかの手法がありますが、一般的なのがチャート分析を中心とするテクニカル分析です。テクニカル分析では、基本となるロウソク足などに様々な分析ツールを使用して、相場の方向性や転換点を探ることができます。

分析ツールには、主に相場の方向性を見極めるトレンド系のツールと、転換点を見極めるオシレーター系のツールがあります。トレンド系のツールでは、代表格として移動平均線があります。移動平均線は、一定期間の値動きを平均化しチャート化したものです。

オシレーター系のツールは少し複雑であり、値動きから相場の心理を読み取りチャート化することによって、例えば買われ過ぎや売られ過ぎといった相場の過熱感などを分析することができます。オシレーターの代表格としてはRSIがあり、相場の過熱感を分析することができるのです。

これらの分析ツールは、単体でもある程度の効果を発揮しますが組み合わせて使用することにより、より高い精度の相場分析を行うことができます。MT4を始めとする高機能の取引ツールでは、単純に組み合わせて表示するだけでなく、パラメータの段階で組み合わせてより高度な分析ツールに改良することができます。

それを実現するのが、MT4のプログラミング機能です。このプログラミング機能によってMT4では、自分オリジナルのトレンド系、オシレーター系分析ツールを作成できるのです。