MT4の使い方を徹底解説

By: Sarina Brady

ロシアで開発されたMetaTrader 4と呼ばれる無料のソフトは、世界で最も多く使われているFX自動売買のツールです。このソフトをインターネットに常時接続しているパソコンにインストールして24時間起動しておけば、勝手に相場を監視し続けて自動で売り買いなどのFX取引を行うことが可能になります。

この売り買いを判断するロジックはExpert Advisorと呼ばれており、実際には「自分の好みに合ったExpert AdvisorをMetaTrader 4にセットしてFX自動売買を行う」といったことになります。

MT4を稼動させるまでの5つのステップ

STEP1. MT4対応のFX業者で新しく口座を開設する

MT4に対応しているFX業者は国内外に複数あり、その中から一つを選んで新しく口座を開設することになるのですが、どこで口座開設すれば良いかを迷ってしまいます。そんな時はFXCMジャパン証券で口座を開設すれば間違いはありません。自分で選びたいという方は「MT4業者」をご覧ください^^

↓

STEP2. お名前.comでWindowsデスクトップを借りる

MT4を使ったFX自動売買には、インターネットに常時接続しているPCが必要となります。自宅PCを24時間起動しておくわけにはいかないので、自分だけが使えるインターネット上のPCを貸してくれるお名前.com Windowsデスクトップを契約して、そのPC上からFX自動売買を行います。

↓

STEP3. WindowsデスクトップにMT4をダウンロードしてインストール

Windowsデスクトップへの接続情報が届いたら、その手順に従って接続をします。問題なく接続が出来たらそのPC上で、MT4をダウンロードしてインストールをします。詳しくはMT4をダウンロードしてインストールするのページにまとめましたのでこちらをご覧ください。

↓

STEP4. Expert Advisorという自動売買ソフトを入手する

当ブログでは世界的に評価の高いEAを優先して紹介しています。「一覧からEAを比較」または「EA成績ランキング」から自分好みのEAを選んで手に入れてください。何を選んでいいかわからない方には、比較的安く、長年にわたって利益を出し続けているFOREX GROWTH BOTというEAをオススメします。

↓

STEP5. 手に入れたExpert AdvisorをMT4にセット

STEP2で用意したWindowsデスクトップに接続し、Expert Advisorのマニュアルに従ってインストールを行います。完了後、MT4を起動してExpert Advisorを稼動させることによってFX自動売買を始めることが出来ます。詳細な手順はMT4を起動してEAを導入するにまとめましたのでこちらをご覧ください。

MT4で利用できる分析指標

By: daveynin

MT4には数多くの分析指標が搭載されており、誰もが利用できます。最も活用されているのが移動平均線です。移動平均線とは、指定された期間に売買取引があった価格を平均して一本の線で表したものです。全体的な移動平均線をみることで、現在のトレンドが上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを判断することが可能です。

さらに、移動平均線を発展させたボリンジャーバンドも有名です。現在の価格が移動平均線からどれだけ離れているかを測定し、その度合いを標準偏差として表します。標準偏差が小さい場合は価格の動きが少ない相場で、標準偏差が大きい場合は価格が大きく変動している相場であるということを教えてくれる指標です。標準偏差を計算するのは大変な手間が掛かりますが、MT4なら自動で計算し、チャート上に示してくれるのです。

経験を積んだトレーダーは、フィボナッチリトレースメントも利用することがあります。フィボナッチリトレースメントは、イタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチにちなんだフィボナッチ数列を取り入れた指標です。相場には押しと戻しが起こるもので、どの水準まで押すのか、戻るのかをフィボナッチ数列を鑑みて判断するのです。特に38.2パーセントの水準と61.8パーセントの水準が意識され、そこで押しと戻しが終了することが多いです。

ストキャスティックスも活用している人が多いオシレーターです。以前に記録した高値と安値に対して、現在値がどのような位置にあるのかを数値で表した指標で、短期線と中期線、そして長期線という3本の線で表現し、数字で「売られすぎ」と「買われすぎ」の状態を判断できるのです。

これらの分析指標はMT4に標準で搭載されているので、クリックひとつで利用することが可能になります。これだけの機能を備えたトレーディングソフトウェアは他になく、MT4はFX取引の大きな味方になってくれるはずです。

MT4はチャートを中心に使うことができる

By: Lauren Manning

MT4の特徴の一つとしてあげられるのが、チャートをメインにして使えることです。FXの取引を行うための取引ツールに必要な機能は、発注することとチャートなどによって分析することの2つです。この2つは最低限必要なのですが、別々になっていることが多いでしょう。例えば、チャートを表示させて分析を行い、そして売買の方向が決まれば発注すると言った方法で取引をするのが一般的です。

チャートの表示と注文機能とが別になっている場合、わざわざ画面を切り替えなければなりませんから、タイムロスが生じてしまいます。スイングトレードなど、中長期の取引を行っている人なら多少のタイムロスは諦められるかもしれませんが、デイトレードやスキャルピングなどで取引を行っている人なら、少しのタイムロスももったいないと考えるのは自然なことでしょう。

MT4が優れている点の一つが、チャート上から迅速に発注できることです。チャートを見ていて、そしてそのチャートから右クリックすればすぐに注文画面が広がります。分析をする際にはパソコンの画面をいっぱいに開いておいて、注文するときになってすぐに発注できるというのは便利な機能だと言えるでしょう。

また、MT4なら自分の建てているポジションを画面上に表示させることも可能です。これができますから、どこまでいけば利益が出るのかを簡単に知ることができます。ポジションを持っている場合に、わざわざポジションを表示させなくても、チャート上から簡単に確認できますから、効率的です。短期的な売買を行っている人にとっては、このような機能があることで取引の効率化を行うことができるでしょう。FXの取引ではチャートでの分析が中心になりますから、常にチャートを開いておいて、それをベースとして他の機能を使えるという点は、MT4の最も優れたポイントの一つだと考えられます。短期トレーダーには最適なツールです。

MT4稼動後に読んでおきたい5つの記事

By: woodleywonderworks

最後にMT4のEAを使ったFX自動売買を始めたばかりの初心者の方に読んで欲しい記事一覧をまとめておきます。どの記事も他のブログにはあまり書かれていない情報だと思いますので興味がある方はぜひご覧ください^^

途中で面倒くさくなった方にオススメ

過去3ヶ月で運用利回り100%以上のストラテジーもありました。

MT4のEAを使ったFX自動売買は、正直いって面倒なんですよね^^;

そんな方にお勧めなのがインヴァスト証券のシストレ24というサービスです。このサービスを使えば余計なことは一切気にせず、誰でも簡単にFX自動売買を始めることが出来ます。興味がある方はインヴァスト証券で口座開設というページに詳細をまとめましたのでこちらをご覧ください。