MT4のテンプレートの扱いについて

By: Rebecca Siegel

MT4ではインジケーターをたくさん表示できます。移動平均やRSI、ストキャスティクスなどを同時に表示させることは多いですし、それにくわえてボリンジャーバンドやMACD、ADXなどを組み合わせることもできます。多くのインジケーターを同時に表示させることができるのはMT4の優れたところなのですが、これを毎回やっていると面倒です。一度表示させたものを記憶させて、次はそのままの状態で始めたいと考えるのは自然なことでしょう。

そのための機能がテンプレート機能です。現在の状態をそのまま保存できますから、いちいち設定する必要がなくて便利です。これを利用する方法は非常に簡単で、まず保存させたい状態にします。そして、メニューバーの「チャート」から「定型チャート」を選んで、「定型として保存」を選べば良いです。「定型」という言葉が「テンプレート」になっているものもありますが、だいたい同じ意味です。保存するときには名前を決めることができますから、適当に決めましょう。

そのテンプレートを利用したい場合には、ファイルを呼び出すとすぐに復元ができます。MT4には最初からいくつかのテンプレートがありますから、それを利用するのも良い方法です。ただ、使っていれば使いたいインジケーターも決まってくるでしょうから、そのうち自分なりのものが欲しいと感じることもあるでしょう。慣れてくれば自分なりのテンプレートを作成しましょう。