MT4のタイムゾーンについて

By: Phil Whitehouse

MT4の取引をするときに、タイムゾーンをどこに設定するのかというのは難し問題だと言えるでしょう。この設定はサーバによるものですから、変更できる場合とできない場合とがあります。インジケーターによって変更したものを表示するという形をとるのは良い方法ですが、システムそのもののタイムゾーンを変更することによって何らかの不具合が生じることもありますから注意しなければなりません。

例えば、あるfx業者では、冬時間はGMT+2、夏時間ではGMT+3に設定されています。日本の標準時はGMT+9であるにも関わらず、このような値が設定されているのには技術的な問題が影響していると言えるでしょう。これ以外のタイムゾーンにすると、日曜日に小さいローソク足が表示されることがあります。細かく調整することによってこれを防ぐことができるのですが、それよりもタイムゾーンをGMT+2、GMT+3に設定した方が手っ取り早いという現実があったために、このような対処がなされたものと考えられます。

しかしながら、最近ではMT4のサービスを提供している業者の多くが変更しているようです。日本でMT4を利用する人が多く、それが利益に反映するということが分かってきたのだと推察されますが、サービスの向上のためにコストを投入しているようです。以前はいろいろと不具合がありましたが、今後はタイムゾーンに関する不具合は解消していく本野と考えられます。