By: dariorug

MT4を使う時は、銘柄を売り買いするサーバーとの通信が重要で、接続が不安定であれば注文に影響が出ます。つまり、MT4が動作するマシンだけではなく、サーバーと通信する回線の質も重要になります。MT4を使用するのであれば、二つの条件を満たす事は重要で、これを避けて良質な取引を実現する事は不可能です。

ですが、両方の質を高める事が出来れば、サーバーやクライアント間のやり取りは良好になるので、安定したMT4環境を活用する事が可能になります。MT4導入のコツは、一定期間安定して稼働しているマシンに導入する事、そしてサーバーと素早くやり取り出来る回線を選び出す事です。

最新のマシンは、性能に関しては上等ですが、安定性の点では未知数な部分が存在します。また、ある程度の稼働実績はある方が、突然の故障率を避ける切っ掛けが得られるので、通信中に故障するといったトラブルが回避駅ます。一方の通信回線は、MT4を動かすマシン以上に選ぶ事が難しく、こちらも一定の実績を踏まえた上で最終選択に選ぶ事が大切です。

優先すべきはサーバーとの通信の安定性ですが、MT4の操作を反映させるタイムラグのなさも重要なので、物理的な通信反応速度の速い経路を持つ業者と契約する事も一つの方法です。サーバーと常に接続状態にしたい場合は、複数の回線を契約する事も効果的で、予備やバックアップがあれば、一つの回線がダウンしてもサーバーとの接続は維持し続けられます。