MT4ではコンパイルが必要

MT4のためのファイルはいくつかありますが、その一つとしてmqファイルがあります。これを実際に利用するためにはex4ファイルに変換しなければなりません。この作業のことをコンパイルと呼びます。その意味は、人間が作成して人間が読みやすい状態のものを、MT4が読みやすいものに翻訳をすると考えれば分かりやすいです。

mqファイルは、基本的にはテキストファイルとなっています。テキストファイルであるメリットは、いろいろなエディタで作成や編集ができることと、読みやすいことです。人間にとって理解しやすい言語で作成されていますから、どこに何があるのかが分かりやすいです。しかし、これは人間のためのものであって、MT4はそのテキストだけでは指示を理解できません。そのために金春という作業が必要となるのです。mqファイルをコンパイルしてex4形式に変換することができれば、こちらのファイルをMT4が読むことができるようになるのです。

それならば、最初からMT4がmqファイルを読めるようにしておけば良いと、そう考える人もいるかも知れませんが、そうではなくわざわざコンパイルが必要な設計になっているのにはいくつかの理由があります。その一つがスピードです。テキストをその都度解釈していれば、時間がかかりすぎます。そのためにあらかじめコンパイルする方が速いのです。もう一つは安全性の確認です。コンパイルをする時点で基本的なチェックは行われますから、構造的なバグは起こりにくくなります。