MT4のエラーコードを知っておくと便利

By: Robert Couse-Baker

MT4のインジケーターを作成して動かした際に、設定ミスなどがあると正常に稼働しないことがあります。ミスがあって稼働しない状態というのは、できれば避けたいものなのですが、原因さえ特定できればすぐに改善ができるでしょうから、設定をするときにはよく起こりえるものだという感覚を持っておいた方が良いです。問題なのは、一見すると正常に稼働している場合です。正常に稼働しているように見えて、いざというときに変な挙動をすると言ったこともあり得ることなのです。

ですから、稼働しない状態で、恐らくどこかにミスがあると見当がつけば、それは何とか対処できる状態ですから、見つからないよりも見つかった方が遙かに良いです。しかし、どこかにミスがあると言うことが分かったとしても、どこにミスがあるのか分からないことは多いのではないでしょうか。そもそも、どこを探せば良いのか分からないという人もいるでしょう。このようなときに便利なのがエラーコードです。

MT4で何らかの不具合が起こったときにはエラーコードが生じます。これを確認すると、どこにミスがあるのか見つけやすいのですが、そのためにはログファイルを見るのが良いです。MT4のエラーコードはログファイルに記録されます。そのログファイルは、MT4をインストールしたフォルダから、「experts」、「logs」とフォルダをたどっていけばログファイルがあり、これを見ればエラーコードが分かります。