MT4のアップデートの方法について

By: Håkan Dahlström

MT4は定期的にプログラムが更新されています。ですから、それに合わせてアップデートしていく必要があります。その方法は特に難しいものではありません。通常、プログラムを起動したときには、自動的に確認が行われて、もしもアップデートがあるのならその時点で自動的に更新の作業が行われます。

つまり、普通にしていれば自動的に最新の状態になります。これ自身は非常に便利な方法なのですが、そもそも自動更新に設定していることが前提となりますから、この設定の確認をしておく必要はあるでしょう。ただ、自動的にMT4を更新することがすべてにおいて良いというわけではありません。

自動更新をしない方が良いケースもあります。プログラムに何らかの不具合が発見されると、その修正プログラムが提供されるのですが、それを適用することによってすべてが良くなるわけではないのです。例えば、以前に600番台のバージョンが不具合を起こしたことがあります。

今まで使うことのできていたものが使えなくなるという不具合が発見されたのです。その理由はカスタムインディケーターなどを格納するフォルダが変更になったことと、MT4の様々なことを規定する言語であるMQL言語が変更されたことです。これによって、今まで使うことのできていたものがそのままでは使えなくなり、修正しなければならなくなったものもあります。アップデートが提供されたときには、安定作動するかどうか確認してからインストールする方が良いと考えられます。