MT4でオリジナルシグナル

By: Dan Brickley

株式取引や為替取引のトレードは、新規で買いや売り注文をし、その反対の売買である決済注文を行うまでが一つのサイクルです。このサイクルを行うには、新規で注文、決済の注文を行うきっかけが必要です。そのきっかけを投資の世界では、売買シグナルと呼びます。

売買シグナルには、様々な種類があります。メジャーなものとしては、トレンド系分析からのゴールデンクロス、デッドクロス、レジスタンスやサポートラインの抜け、オシレーター系分析の相場の過熱感を数値化したものによる売買シグナルがあります。これらは、主にチャートの形状や分析ツールの形状が条件を満たした場合に売買シグナルとして解釈します。

しかし、これらの売買シグナルには、騙しという場合もあります。条件を満たした場合でも相場が思わぬ方向へ行ってしまう場合を示します。この騙しを少しでも減らす為には、複数のシグナルを組み合わせて使用する方法があります。

また、相場には流行があり、その都度で分析ツールの有効性が変化します。その他にも、時間帯によって有効な分析ツールなどもあります。それらをより有効利用する為には、MT4を使用する方法があります。MT4では、パラメーターの数値を自由に変更、組み合わせすることができるプログラミング機能があります。その為、MT4を使用するこにより、自分のオリジナルの分析ツールを作成し、オリジナルのシグナルを発生させることも可能になるのです。