my son's teacher is a supermodel
Creative Commons License photo credit: woodleywonderworks

今の日本で生きていくためには”お金”が必要です。なのに僕は学校で”お金”のことについて何も教えてもらいませんでした。そして、家族や友達、恋人とは”お金”の話などしようとも思いませんでした。それは「お金の話はいやらしいこと」と考えていたからです。きっと、今でも「お金=いやらしい」というイメージの人は多くいるでしょう。

そして、このイメージを持つことによって”お金に関する知識”を敬遠してしまい、気がつけばお金に関して無知になっているといった可能性があります。もしこの記事を読んでいるあなたが「お金=いやらしい」という考えを持っていたならば「なぜ、お金がいやらしいのか」そして「お金とは何なのか」ということを冷静に考えてみてください。

ちなみに、僕がそんなことを考えていたときにこの本を読みました。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)
本田 健
大和書房
売り上げランキング: 664

この本を読み終えた時に「なぜこんな大事なことを学校で教えてくれなかったんだ」と激しく腹を立てたのを今でも覚えています。この「ユダヤ人大富豪の教え」の著者である本田 健さんはポッドキャストで情報を発信しており、かなりおもしろい発言をされています。ポッドキャストはiPhone、iPad、iTunesで無料で聞けるラジオみたいなものなので興味がある方は「本田健の人生相談 〜Dear Ken〜」チェックしてみるとおもしろいと思いますよ^^

 

コメントを残す